テロリストが利用する電子あぶり出し技術 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

テロリストが利用する電子あぶり出し技術

国際 海外情報

 オサマ・ビンラディン氏率いるテロ組織『アルカイダ』は、巨大なインターネット網を利用してテロ攻撃に関する連絡を取っていたと見られている。その際、メッセージのデータを隠蔽するために電子あぶり出し技術を使用していたようだ。情報機関の報告書および専門家によると、パレスチナのテロ組織『ヒズボラ』や『ハマス』らと共に『アルカイダ』は、インターネット上で入手可能なフリー・ソフトウェアを利用して通信を行っていた。その際、毎日何万というインターネットユーザがネット上で送受信を行うミュージック・ファイルや一見普通の写真などに検出不可能なメッセージを埋め込んで連絡をとっていたという。彼らは、敬虔なイスラム原理主義者には似つかわしくないポルノ関連のチャットルームやポピュラー音楽、オークションそしてスポーツ関連のサイト内に攻撃対象の写真、図表、地図そしてメッセージを埋め込んだ。

 電子あぶり出し技術とは、電子ファイルの空スペースに情報を埋め込む手法だ。その技術を使用するのに高度な知識は必要ないという。数あるインターネットサイトからフリーもしくは50ドル以下で入手できるソフトウェアをダウンロードし、そしてそのソフトの指示に従いマウスを数度クリックするだけで事足りる。埋め込んだメッセージを読めるのは意図された人物のみで、検出されることもない。また、そのようなメッセージが埋め込まれた音楽ファイルや写真と通常のものを人間の目で識別することは不可能だという。

 現在、情報機関は大学の研究者と共同で、電子あぶり出し技術が識別できるような高度な検出プログラムの作成を急いでいる。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  3. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×