ファイアウォール内のソフトを監視するサービスを提供(米Compuware 社) | ScanNetSecurity
2022.12.04(日)

ファイアウォール内のソフトを監視するサービスを提供(米Compuware 社)

 ミシガン州に拠点を置く米Compuware 社は、ウェブサイトの安定的稼働の実現を目指しリモートテスト/監視サービス『PointForward』を行っている。その最新バージョン『PointForward 3.0』で、ファイアウォール内のソフトウェアの性能をテストし監視するサービスが可能に

国際 海外情報
 ミシガン州に拠点を置く米Compuware 社は、ウェブサイトの安定的稼働の実現を目指しリモートテスト/監視サービス『PointForward』を行っている。その最新バージョン『PointForward 3.0』で、ファイアウォール内のソフトウェアの性能をテストし監視するサービスが可能になった。同社の
『PointForward』担当製品責任者Mike Killian 氏は「このサービスを利用することで、ファイアウォールの外のみならず中にあるアプリケーションの動作状況について様々な情報を入手することができる。テストはリモートで行われる」と説明した。

 同氏によると、『PointForward』 は、信頼性、整合性、スケーラビリティそしてパフォーマンスに関する様々な情報を提供することが可能だ。アプリケーションの状態は、一つのポータルサイトのインターフェースを介して閲覧できる。また、そのポータルは、問題は何なのか、その問題はネットワークのどこにあるのか、そしてその原因をユーザに通知する。

 Gartner Group 社のアナリストTheresa Lanowitz氏は同サービスについて、「ファイアウォールの中を監視することで、消費者は選択上の優位性を得ることができるだろう」とコメントしている。『PointForward 3.0』は、10月後半に提供される予定だ。




《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×