無線製品対応の新セキュリティ技術を公開(NextComm 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

無線製品対応の新セキュリティ技術を公開(NextComm 社)

国際 海外情報

 無線技術開発会社NextComm 社が無線LAN のセキュリティ向上に繋がる技術を発表した。同社によると、Key Hopping と命名されたその技術は、インターネット上の安全なクレジットカード認証を実現するために使用されるMD5 電子署名アルゴリズムに基づくものだ。そして、攻撃者が暗号を破るのを阻止すべく、無線が頻繁にセキュリティキーの交替を可能にするキー管理システムを採用している。

 同社のCEO(最高経営責任者)Jerry Wang 氏は「セキュリティは、IEEE
802.11 標準をベースに考えられている。Key Hoppingを採用することで、無線LANユーザはデータの安全性が確保されたことを認識し、安堵するだろう」と述べた。現在、事実上の無線LAN 用セキュリティ標準は、WEP(Wired
Equivalent Privacy)プロトコル だ。しかし、多数のセキュリティ専門家がその深刻な脆弱性を指摘してきた。

 NextComm 社は、間もなく発売予定である802.11b 対応のメディア・アクセス・コントローラ NC7010 にKey Hoppingを導入する予定だ。同社は、アクセス・ポイントのみならずエンドユーザ・アクセスカードにもKey Hoppingを実装するため、メーカーと提携し開発を進める予定だ。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×