Nimda のような悪質ワームを捕獲するツール | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

Nimda のような悪質ワームを捕獲するツール

国際 海外情報

 Nimdaワームのような悪質ワームのスキャン機能を部分的に低下させるよう設計されたツールがリリースされた。 LaBreaと呼ばれるそのツールは、ネットワーク上の使用されていないIPアドレスを使って穴(所謂、おとり用のハニーポット)を生成し、インターネット・ワームが接続を試みる際に答える“仮想マシーン”をつくる。インターネット・ワームが企てる接続に対し、LaBreaは仮想用マシーンを感染させて応答し、悪質ワームを捕獲するのである。そして、長い時間その穴に閉じ込めておくというものだ。

 LaBrea の作者Tom Liston氏は、同ツールのアイディアをフリーのオープンソース・プログラムのために考案したと述べた。そして、同ツールを開発した動機について「ネットワークがCode Redワームを多数スキャンするのを見てうんざりし、悪質ワームに悩まされるシステム管理者のワーム対策支援ツールを作成したいと思った」と述べた。LaBrea(ロサンゼルスの地名に因んで名づけられた)は、Nimdaワームの拡散機能も低下させることができるが、その拡散力の抑止には限界があると同氏は説明する。

 あるセキュリティ関係者は「ワーム感染に頭を痛めているシステム管理者を助けるため、実用的ツールを考案するのは望ましいことだ」とし、さらに同ツールを使用するシステム管理者が増えれば、それだけ同ツールの効果が発揮されるだろうと述べた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  5. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  10. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×