Nimda ワームの感染力、スローダウン(Matrix.net) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

Nimda ワームの感染力、スローダウン(Matrix.net)

 9月18日に発生して以来、急速に感染範囲を拡大していったNimda ワームは、徐々にその威力を低下させているとする見解をインターネット・トラフィック監視会社が19日に発表した。ネットワーク監視会社Matrix.net とInternet Traffic Report.com のデータによると、Nimd

国際 海外情報
 9月18日に発生して以来、急速に感染範囲を拡大していったNimda ワームは、徐々にその威力を低下させているとする見解をインターネット・トラフィック監視会社が19日に発表した。ネットワーク監視会社Matrix.net とInternet Traffic Report.com のデータによると、Nimda は18日に深刻な影響をインターネットに与えたものの、翌19日にはその被害範囲は減少しているという。

 Matrix.net は、約1300のウェブサイトを対象に定期的監視を行っており、Nimda ワームが原因でサイト稼働率が2.5%下落したと報告した。同社によると、通常のサイト稼働率は96%だ。9月11日の米テロ事件以降、94%に下落し、同ワームが発生した18日から19日にかけてのサイト稼働率は、91〜92%だった。また、Internet Traffic Report.com は、情報の要求に対するサーバの平均応答時間を計測したデータを発表した。それによると、過去一週間の平均応答時間は、223ミリセカンドだった。18日午前9時頃(Nimda ワームがインターネット上に出現した時分)の応答時間は急激に上昇し、700ミリセカンドに達した。そして、19日の昼頃には200ミリセカンドあたりに戻ったという。

 Matrix.net の情報担当責任者Peter Salus 氏は同ワームに関し「威力は衰えているようだが、より感染力の強い変種がいつ出現してもおかしくない」と警告した。そして、同ワームの発信源について「まだ特定されていないが、テロリストなどではなく、悪質な十代のグループと推測される。同ワームが特定のベンダーのみの最新ソフトウェア・バージョンをターゲットにしている点から、テロリスト用に設計されたワームではないと考えられる」と述べた。また、CERT(コンピュータ緊急対応チーム)のセキュリティ・アナリストRoman Danyliw 氏は「Nimda の感染活動は依然として続いている」として、早急にパッチをあてるよう呼びかけた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×