米テロ事件が国防総省の通信網に与えた被害は軽微(Worldcom 社) | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

米テロ事件が国防総省の通信網に与えた被害は軽微(Worldcom 社)

 包括的防衛情報システムネットワーク(DISN)の管理運営会社Worldcom 社は、9月11日に勃発した米同時多発テロがペンタゴン通信網に与えた被害は比較的軽く、国防総省指揮統制ネットワークは通常通り機能していることを明らかにした。DISNは、機密情報を含めた米軍全体

国際
 包括的防衛情報システムネットワーク(DISN)の管理運営会社Worldcom 社は、9月11日に勃発した米同時多発テロがペンタゴン通信網に与えた被害は比較的軽く、国防総省指揮統制ネットワークは通常通り機能していることを明らかにした。DISNは、機密情報を含めた米軍全体の通信トラフィックを処理するネットワークだ。

 同社の副社長Diana Gowen氏は、DISNがテロ攻撃の深刻な被害を免れた理由について「光ファイバーは、攻撃を受けて崩壊した西ウイングとは別のウイングにある」と説明した。さらに同氏は、国防総省からの要請を受けて、"800"番の音声トラフィックをペンタゴンから別の場所に切り替えると発表した。同省は現在、全米指令センター(米軍のコンピュータ指令センター)の機能の一部を移転させる可能性について検討しているという。

 また、ニューヨーク、ワシントン地域の電話会社Verizon 社広報担当Mark Marchand氏は「ブロードバンドおよびボイスサービスは通常通り機能しているが、トラフィック量が非常に増加し負荷がかかっている。世界貿易センタービルへの攻撃とその後の崩壊により、同ビル下を走っている多数の高速スイッチおよび回線が破壊された」と述べた。Sprint社も同ビルの崩壊により、同ビル下を走っている27のDS3スイッチおよび回線が破壊されたと報告した。Worldcom 社も同ビルの崩壊により、200のDS3回線が破壊されたと報告した。しかし、同社はSONet(同期光ファイバーネットワーク)上にネットワークを走らせているため、自動的に被害を受けた回線を迂回するようになっていると説明した。

《ScanNetSecurity》

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

    CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  3. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  4. CrowdStrike Blog:CrowdScoreで組織のアラート疲れが劇的に減少

  5. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  6. 海外における個人情報流出事件とその対応 第179回 史上最悪の漏えい事件で国際犯罪団起訴 (1)データ不正利用で計9,400万件もの被害

  7. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  8. オープンソース開発者をパニックに陥れた EUサイバーレジリエンス法 最終決定

  9. FBI「ハーバード大の 20 歳が、期末試験を避けるため Tor を介して大学へ爆弾脅迫メールを送信した」~匿名ネットワークツールの利用は大学のネットワークのログで暴かれたとの主張(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×