新ウイルスに対し各アンチウイルス会社が警告を発する | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

新ウイルスに対し各アンチウイルス会社が警告を発する

国際 海外情報

 米国のコンピュータ・ユーザが週末と祝日(労働者の日:9月の第一月曜日)の連休を終えて職場に戻ると、APostもしくはReadmeと呼ばれるトロイの木馬型新ウイルスが発生していた。Central Command 社、 F-Secure 社、Sophos 社、Trend Micro 社が警告を発し、危険度を中に分類した。同ウイルスは、感染したシステムの全てのローカル環境にあるドライブに自身をコピーしようする。さらに感染したユーザのアドレス帳にある全アドレスに対し電子メールを介した添付ファイルで自身の複製を4回送りつけようとする。同ウイルスに破壊的ペイロードは、含まれていない。

 F-secure 社によると、APostが最初に確認されたのは9月2日だ。同ウイルスは、件名『As per your request(あなたの要求のとおり)』そしてREADME.EXEのファイルが添付された電子メールで送りつけられる。Sophos 社の上級テクノロジー・コンサルタントGraham Cluley 氏は同ウイルスに関し「Magister やSircam 程ではないにせよ、当社のヘルプデスクに被害報告が何件か寄せられた。新ウイルスの発生は、連休明けで職場に戻ったPCユーザにとって有難くないニュースだろう。しかし、今回の件で未だ多くのユーザがアンチウイルス・ソフトの更新を怠っていることが露呈した」と述べた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×