PURPOSE シリーズで知られる高木産業改竄被害 問われる企業の信用と責任 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

PURPOSE シリーズで知られる高木産業改竄被害 問われる企業の信用と責任

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 PURPOSE シリーズのパソコンで知られる高木産業のwebページが複数回にわたり、改竄被害を受けた。
現在、高木産業からは、利用者に対してのアナウンスは特にない。

 同社のページは、注文を行うこともできるようになっている他、javaスクリプトを使用していた。
改竄被害を受けた際に、利用者側で気になるのは、個人情報の流出と悪意あるjavaスクリプトによる被害である。

詳しくは、Scan本誌をご覧ください
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?m-sc_scan

高木産業
http://www.purpose.co.jp/
改竄されたページ
http://www2.purpose.co.jp/

関連記事
スクリプトやクッキーなど企業の論理の押し付けwebは間接的な共犯者?利用
者のセキュリティ無視のHTMLメールの推進はさらに危険!(2001.8.27)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/2709.html

「プライスロト FUCK japanese」事件にみる事後対処の問題点(2001.8.23)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/2672.html

感染源のひとつプライスロト サーバ改竄の原因と対処はいまだ不明
(2001.8.23)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/8/2670.html

顧客情報流出の原因は個人情報ファイルをそのままおいていたため
(2001.7.24)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/2478.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×