新種のワーム「APost」の危険度を引き上げ(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

新種のワーム「APost」の危険度を引き上げ(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は9月5日、今月に入り発見されたワーム「APost」の危険度を「中(要警戒)」に引き上げたと発表した。  同ウイルスは破壊力の強いメール大量配信型のワーム。このワームを受信すると「Open」と書かれたボタンを含む「Urgent!」タ

脆弱性と脅威 脅威動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は9月5日、今月に入り発見されたワーム「APost」の危険度を「中(要警戒)」に引き上げたと発表した。
 同ウイルスは破壊力の強いメール大量配信型のワーム。このワームを受信すると「Open」と書かれたボタンを含む「Urgent!」タイトルのダイアログが表示され、ボタンを押すとワームのコピーをMicrosoft Outlookのアドレス帳に記載されている全てのアドレスへと送信する。同時に「WinZip SelfExtractor: Warning!」というタイトルで「CRC error: 34#」というエラーメッセージが表示される。ワーム自身の活動としてはWindowsディレクトリに「README.EXE」の有無を確認し、README.EXEが無ければ自身のコピーをディレクトリに作成。その後WindowsディレクトリのREADME.EXEファイルを全てのローカルドライブのルートへとコピーし、起動時にプログラムをロードするレジストリ実行キーを作成する。
 なお、同社ではエンジンバージョン4.0.70以降、DATファイル4157で対応済。

http://www.nai.com/japan/virusinfo/virA.asp?v=W32/APost@MM&a=A


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×