新種のワーム「APost」の危険度を引き上げ(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

新種のワーム「APost」の危険度を引き上げ(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は9月5日、今月に入り発見されたワーム「APost」の危険度を「中(要警戒)」に引き上げたと発表した。  同ウイルスは破壊力の強いメール大量配信型のワーム。このワームを受信すると「Open」と書かれたボタンを含む「Urgent!」タ

脆弱性と脅威 脅威動向
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は9月5日、今月に入り発見されたワーム「APost」の危険度を「中(要警戒)」に引き上げたと発表した。
 同ウイルスは破壊力の強いメール大量配信型のワーム。このワームを受信すると「Open」と書かれたボタンを含む「Urgent!」タイトルのダイアログが表示され、ボタンを押すとワームのコピーをMicrosoft Outlookのアドレス帳に記載されている全てのアドレスへと送信する。同時に「WinZip SelfExtractor: Warning!」というタイトルで「CRC error: 34#」というエラーメッセージが表示される。ワーム自身の活動としてはWindowsディレクトリに「README.EXE」の有無を確認し、README.EXEが無ければ自身のコピーをディレクトリに作成。その後WindowsディレクトリのREADME.EXEファイルを全てのローカルドライブのルートへとコピーし、起動時にプログラムをロードするレジストリ実行キーを作成する。
 なお、同社ではエンジンバージョン4.0.70以降、DATファイル4157で対応済。

http://www.nai.com/japan/virusinfo/virA.asp?v=W32/APost@MM&a=A


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×