無線LAN の脆弱性を突いた攻撃、増加と予測(米Gartner 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

無線LAN の脆弱性を突いた攻撃、増加と予測(米Gartner 社)

国際 海外情報

 市場調査会社Gartner 社は、2002年までに米企業の3社に1社が無線LAN のセキュリティ上の脆弱性を悪用したハッカー攻撃に遭うとする調査結果を発表した。その報告書によると、米企業の50%以上が現在、無線LANをインストールする計画を持っており、少なくとも20%が既に無線LANを所有し動作させている。

 Gartner 社は、無線LANシステムのセキュリティ標準が策定されるまでは全ての無線LAN 接続に対しVPN(仮想プライベートネットワーク)ソフトウェアの形態でIPベースのセキュリティを確立すべきだと企業に提言している。さらに、アプリケーションレベルのセキュリティを使用することで、企業は脆弱性やIEEE 802.11b 標準の統合セキュリティ機能に関連した相互運用性問題を回避することができるだろうと説明した。また別の調査会社は、米国の労働人口の47%が年末までに無線および/もしくはモバイルPC デバイスを購入し、2004年までには60%に達すると予測している。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×