BSD系OSに含まれるプリントサーバプログラムの脆弱性について警告(コンピュータ緊急対応センター) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

BSD系OSに含まれるプリントサーバプログラムの脆弱性について警告(コンピュータ緊急対応センター)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、BSD系OSに含まれるプリントサーバプログラム「lpd (in.lpd)」に脆弱性が発見されたと報告した。これを利用すれば、第三者が遠隔からプリントサービスを停止させたり、サーバ上において任意の操作を管理者権限で実行できてしまう可能性があるとのこと。対象OSは、FreeBSD 4.3、NetBSD 1.5.1、OpenBSD 2.9、BSD/OS 4.1と各OSのそれ以前のバージョン。一部はパッチプログラムも公開されている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010022.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×