【無料ツールで作るセキュアな環境(29)】〜Stunnelの導入〜(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

【無料ツールで作るセキュアな環境(29)】〜Stunnelの導入〜(執筆:office)

特集 特集

 LANやインターネットでの通信において、径路上の通信内容を保護するソフトウェアにはいくつかの種類があるが、今回はその中でも実績のあるStunnel[1]を紹介しよう。

 Stunnel (universal SSL tunnel)はクライアントとサーバとの通信を、通信内容をSSLによる暗号化によって保護するソフトウェアである。特にPOP3、IMAP、LDAPといったInetdによって起動されるデーモンや、NNTP、SMTP、HTTPなどに容易に利用できるよう実装されている。

 Michal Trojnaraによって1998年2月に公開されたStunnelは、オープンソースで開発されており、FreeBSD式のライセンス形態で使用できる。主にUNIX系OSで動作するが、Win32版もあり、これはWindows 9XやWindowsNT/2000でも使える。

 また、Stunnelが動作するにはOpenSSLのバージョン0.9.5a以上がインストールされていることが必要である。OpenSSLの導入方法に関しては本連載の【無料ツールで作るセキュアな環境 (7)】で解説したので、そちらを参照して欲しい。

 Stunnelの執筆時点での最新バージョンは3.20であり、
http://www.stunnel.org/download/stunnel/src/stunnel-3.20.tar.gz

でソースをダウンロードすることができる。

 FreeBSDなどのUnixでのインストール方法は、適当なディレクトリに上記ファイルを置いて、
$ gzip -dc stunnel-3.20.tar.gz | tar -xvf -
$ ./configure
$ make
$ su
# make install

とすればよい。

 Linuxの場合、ほとんどのディストリビューションで最初からrpmパッケージが用意されているので、それを利用すれば簡単にインストールできる。ただし、stunnelのバージョン3.9以前のものには2000年の12月に重大なセキュリティホールが発見されているので、アップデータを利用するなどして新しいものにしなければならない。RedHat 7.0ならば、
http://www.jp.redhat.com/support/errata/RHSA/RHSA-2000-137J.html

にそれらの情報がある。Stunnelのバージョンが3.10以降の場合にはこのセキュリティホールはない。


office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://stunnel.mirt.net/

(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×