【無料ツールで作るセキュアな環境(28)】〜Windows 用 Inetd〜(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

【無料ツールで作るセキュアな環境(28)】〜Windows 用 Inetd〜(執筆:office)

特集 特集

 WindowsにはInetdやTCP WrppersはないのかというのはFAQとも言えるだろう。その疑問に対する現在のところの答えは、Winetd [1]やNFR Back Officer Friendly [2]であろう。十分実績があるとは言えないツールであるが、これまでUNIX系のサーバ管理をしてきて、Windowsも新たに管理するようになった管理者には興味惹かれるソフトウェアだと思われるので、今回はこれらのツールを紹介したい。

[Winetd]

 WinetdはCotse.com [1]によって開発されているinetd、TcpWrapperと同様な機能を持ち、また簡易なハニーポット機能を持つソフトだ。個人の非商用に使用でき、複製、配布は自由にできる。動作環境はWindows NT 4.0/2000のみについてサポートされており、Windows 95系列のOSにインストールしようとた場合には、インストーラ起動時に警告が出てインストールできない。

 原稿執筆時の最新バージョンは1.0.0.1で

http://www.cotse.com/CotseLabs/winetd/WInetd_1.0Release.exe

からダウンロードできる。ダウンロードしたWInetd_1.0Release.exe(1,423KB)はインストーラなので、これをダブルクリックして起動させるとインストールが始まる。

 起動画面に続いてWelcomeメッセージウィンドウが出る。Nextボタンを押すとReadMeの内容が示される。Nextボタンを押すと次はインストールするディレクトリの選択画面が出る。デフォルトではc:Program FilesWinetdである。ディレクトリ選択後をNextを押すと、インストールによって置き換えられるファイルのバックアップを残すかどうかを尋ねてくる。ここでNoを選ぶとWinetdをアンインストールした時に、元に戻らないsystemファイル群ができてしまうので、可能な限りYesを選ぼう。YesかNoいずれかのラジオボタンを選択してNextボタンを押すと、今度はIconの登録場所を聞いてくる。特に理由がなければデフォルトのまま次へすすんで、Program ManagerにWinetdのアイコンをデスクトップに残すか否かという質問が尋ねられる。理由がない限りYを選んで次に進み、インストールをこれから始めるという画面になる。Nextボタンを呼べば複数のファイルが予め指定したディレクトリに展開され、インストール終了画面になる。

 スタートメニューからRun Winetdを選択すればWinetdが起動する。デフォルトではPort3, 7, 13, 23, 25, 137に対して、それぞれWInetdに同梱されているtcp_wrappers, echod, datetime, telnetd, smtpd echodが呼び出されるよう登録してある。また、これらのサービスについてアクセスがあるとLinux標準のサービスのようなバナーを返す。


office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://www.cotse.com/CotseLabs/winetd/
[2] http://www.nfr.com/bof/
[3] http://www.cotse.com/

(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 低年齢層のネット利用 8 割超え、サイバー犯罪カジュアル化も

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  10. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×