Code Red ならびに亜種による複合被害拡大 被害はルータにまで拡大 トラフィック増加による被害も増加 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

Code Red ならびに亜種による複合被害拡大 被害はルータにまで拡大 トラフィック増加による被害も増加

脆弱性と脅威 脅威動向

 Code Red ならびのその亜種による無差別攻撃が続いている。
 正確な被害状況の把握はできないが、PC上のIIS以外のルータなどにも被害は広がっている。
 Cisco CallManager, Unity Server, uOne, ICS7750, Building Broadband Service Manager (これらのシステムではIISが稼動している) ,Cisco 600 シリーズ DSL ルーターに関するアラートが発せられている。

 現在、確認されているものは、Code Red 2 あるいは Code Red 3 と呼ばれるものある。
 Code Red 2 あるいは、Code Red 3 は、一般にトロイの木馬と呼ばれるバックドアをサーバに仕掛ける。これにより、サーバ内部の情報が外部からアクセス可能な状態に陥ってしまう。

 また、こうした被害と同時に増殖する Code Red ワームにより、トラフィックが増加し、アクセスに甚大な影響がでているサービスも少なくない。

 Code Red の増殖は、感染による被害だけではなく、2次被害としてトラフィック増加による被害も深刻なものになっている。


US CERT Incident Note IN-2001-09
"Code Red II:" Another Worm Exploiting Buffer Overflow In IIS
Indexing Service DLL
Code Red 2 の影響範囲
・Windows 2000(IIS 4.0,IIS 5.0 Indexing サービスがインストールされた
 もの)
・Microsoft Windows NT 4.0 (IIS 4.0,IIS 5.0 Indexing サービスがインス
 トールされたもの)
・Cisco CallManager, Unity Server, uOne, ICS7750,
 Building Broadband Service Manager (これらのシステムではIISが稼動
 している)

 Cisco 600 シリーズ DSL ルーター
http://www.cert.org/incident_notes/IN-2001-09.html

Cisco Security Advisory: "Code Red" Worm - Customer Impact
http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-code-red-worm-pub.shtml

IPA 「Code Red ワームに関する情報」─ 新種の Code Red ?に注意を ─
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20010727codered.html

JPCERT/CC Alert 2001-08-06
"Code Red" Worm の変種に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010019.txt

US CERT/CC "Code Red II" Worm
http://www.cert.org/current/current_activity.html#CodeRed2

hash's Security Alert 2001-02 Code Red IIについての警告
http://www.reasoning.org/jp/security_alerts/hashsa-2001-02.html

アンチウィルスベンダ各社
 シマンテック さらに悪質なCodeRedワームの変種を警告
 −バックドア型トロイの木馬を仕掛けるCodeRed.v3−
http://www.symantec.com/region/jp/news/year01/010806.html

日本ネットワークアソシエイツ CodeRedに亞種。トロイの木馬が付属
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virC.asp?v=W32/CodeRed.c.worm&a=C

CSE "Code Red" と "Code Red ?" IIS Index Server ワーム警告
http://www.cseltd.co.jp/security/release/010806codered.htm

reasoning.org CERT Incident Note IN-2001-09 の和訳
Code Red II:" IISインデックスサービスDLLのバッファオーバフロー
に 付け込む新たなワーム
http://www.reasoning.org/jp/cert/incident_notes/in-2001-09-j.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  5. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  7. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  8. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  9. GNU wget に HTTP プロトコルのハンドリングにおける値検証不備に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  10. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×