日本ベリサイン、再び改竄被害 数日で複数回の改竄 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

日本ベリサイン、再び改竄被害 数日で複数回の改竄

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ベリサイン社のwebが本日未明、再び改竄された。同社のwebは、8月4日に改竄被害を受けたばかりである。
 改竄被害を受けた後、Microsoft Windows NT 4.0 IIS のデフォルト画面となっていた。この時、必要なパッチをあてていない危険な状態だったと推定されるが、その後、再び改竄を受けている。
 改竄を行ったクラッカーは、webに残されたメッセージから"PoizonB0x.ORG"と名乗るグループと想定される。

 同社は、世界的な認証サービス最大手であり、同社の証明書は広くゆきわたっている。その同社のwebが立て続けに改竄されたことは、関係者に大きな衝撃を与えたと思われる。
 特に2度目の改竄が、Microsoft Windows NT 4.0 IIS をデフォルト状態で放置していたためであったとすると、そのセキュリティ管理体制には、問題がありそうである。


8月4日の改竄
https://www.netsecurity.ne.jp/article/9/2588.html

改竄されたweb
http://www2.verisign.co.jp/

ベリサイン社web
http://www.verisign.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×