日本ベリサイン社のwebが改竄 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

日本ベリサイン社のwebが改竄

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 8月4日、認証サービス大手のベリサイン社のwebが改竄された。
 改竄されたwebには、クラッカーのメッセージと画像が残されていた。クラッカーは、"Delta Force Pakistan"というグループ名をwebに残している。
 8月5日現在、同社の改竄されたwebは、Microsoft Windows NT 4.0 IIS のデフォルト画面となっている。

 同社はデジタル証明書の発行、CAセンターの運営、プライベートCAセンターのコンサルティングを主たる業務としている。
 同社によれば、SSLを利用するサイトの90%以上が同社の発行によるものであるという。

改竄されたweb
http://www2.verisign.co.jp/

ベリサイン社web
http://www.verisign.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×