7月後半にFreeBSDの被害が急増 半月の間に117件の改竄事件 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

7月後半にFreeBSDの被害が急増 半月の間に117件の改竄事件

 7月後半に発見されたtelnetdの脆弱性の影響で、FreeBSDの改竄事件が相次いでいる。中でも、FreeBSDの改竄事件が目立って増加した。   http://defaced.alldas.de/ によると、7月25日以降 117件の改竄事件がFreeBSDで起こっている。 http://defaced.alldas.de/ の過去

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 7月後半に発見されたtelnetdの脆弱性の影響で、FreeBSDの改竄事件が相次いでいる。中でも、FreeBSDの改竄事件が目立って増加した。
 http://defaced.alldas.de/ によると、7月25日以降 117件の改竄事件がFreeBSDで起こっている。http://defaced.alldas.de/ の過去の全記録(1999年9頃から記録は開始されている)の中でのFreeBSDの改竄事件が、309件であることを考えると実にその3分の1がたった9日の間におきていることになる。同期間のWindowsの改竄事件は、488件である。
 過去の累計では、WindowsとFreeBSDでは改竄件数は、60倍以上の開きがあるのに比べると、この期間、いかにFreeBSDの改竄事件が多かったがわかる。

 最近、telnetdの脆弱性の対処がひととおりいきわたったためか、沈静化しつつあるが、8月に入ってからもWindowsに次ぐ改竄件数の多さとなっている。

・7月25日〜8月2日の改竄総数 780件
Windows 488件 62.56%
FreeBSD 117件 15.00%


・8月に入ってからの改竄件数(http://defaced.alldas.de/ による)
Windows 92件 69.70%
FreeBSD 13件 9.85%
BSDI 7件 5.30%
Linux 6件 4.55%
Solaris 5件 3.79%
HP-UX 1件 0.76%
SCO 1件 0.76%
NetBSD 0件 -
OpenBSD 0件 -
Unknown 7件 5.30%


・過去の傾向値(http://defaced.alldas.de/ による)
Windows 14,042件 66.14%
Linux 3,526件 16.61%
Solaris 669件 3.15%
FreeBSD 309件 1.46%
IRIX 296件 1.39%
BSDI 183件 0.86%
SCO 81件 0.38%
NetBSD 23件 0.11%
AIX 15件 0.07%
HP-UX 10件 0.05%
Tru64UNIX 9件 0.04%
Digital Unix 8件 0.04%
MacOS 6件 0.03%
OpenBSD 5件 0.02%
Novell 1件 -
Ultrix 1件 -
Unknown 2,048件 9.65%

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×