ワーム"Code Red"に関するアドバイザリーを更新(Cisco) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

ワーム"Code Red"に関するアドバイザリーを更新(Cisco)

脆弱性と脅威 脅威動向

 Cisco が、ワーム"Code Red"に関するアドバイザリーを更新した。IIS用の同社製品への影響と対策が記載されている。

Cisco CallManager 、Cisco Unity Server 、Cisco uOne 、Cisco ICS7750 、Cisco Building Broadband Service Manager

 また、この他のネットワークマネジメント製品などにも影響がでる可能性があるとしている。詳細に関しては下記URLを参照。

Cisco Security Advisory: "Code Red" Worm - Customer Impact
http://www.cisco.com/warp/public/707/cisco-code-red-worm-pub.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×