半数以上のユーザがウイルス攻撃を経験(中国) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

半数以上のユーザがウイルス攻撃を経験(中国)

 中国のコンピュータウイルス監視機関がこの程、初めてコンピュータセキュリティに関する調査報告書を発表した。それによると、トロイの木馬などコンピュータウイルスの攻撃を受けた経験のあるコンピュータユーザは、半数を上回ることが判明した。この調査は、国家コン

国際 海外情報
 中国のコンピュータウイルス監視機関がこの程、初めてコンピュータセキュリティに関する調査報告書を発表した。それによると、トロイの木馬などコンピュータウイルスの攻撃を受けた経験のあるコンピュータユーザは、半数を上回ることが判明した。この調査は、国家コンピュータウイルス緊急対応センターと公安省が4月15日から5月25日にかけて、6000人以上のコンピュータユーザを対象に行われた。

 過去にウイルス攻撃を受けたことがないと回答したのは、全体の僅か27%だった。一方、ウイルス攻撃の経験者で3回以上の攻撃に遭ったことがあると回答したユーザは、59%。さらに、14%がウイルス攻撃によりハードディスク上に保管していたデータが全部消去したと回答。データの一部破損と回答したユーザは、29%だった。同報告書を作成したZhang Jian氏は「中国は、コンピュータウイルスの脅威を伴う深刻なセコンピュータセキュリティ問題に直面している。今回の調査結果は、セキュリティに対するユーザの希薄な問題意識が今後、さらなる損害を引き起こす危険性があることを警告している」と指摘した。

 同報告書によると、海賊版CDやフロッピーディスクがコンピュータウイルスの主な感染源となっている。27%がインターネットからファイルをダウンロードした際にウイルスに感染したと回答。また、イントラネットを介したファイル交換で感染したと答えたユーザは、14%。広州、上海、北京などの大都市に住むコンピュータユーザの75%が過去にウイルス攻撃を受けたと回答した。中国のネットユーザは、1月から6月にかけておよそ400万人増加し、全体で2650万人。インターネットに接続しているホームユーザのコンピュータは、約1000万台で前年比54.1%増となっている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×