【無料ツールで作るセキュアな環境(27)】〜SAINT〜  (執筆:office) | ScanNetSecurity
2021.04.11(日)

【無料ツールで作るセキュアな環境(27)】〜SAINT〜  (執筆:office)

 Nmap、nessusとスキャナについて取り上げてきたが、今週はこれらと並んで有名なスキャナであるSAINT [1]について解説しよう。

特集 特集
 Nmap、nessusとスキャナについて取り上げてきたが、今週はこれらと並んで有名なスキャナであるSAINT [1]について解説しよう。

  SAINT(Security Administrator's Integrated Network Tool)はSATAN(Security Administrator Tool for Analyzing Networks)[2] というスキャナを改良して作られた。元のSATANは1995年で既に開発が止まっている。

 現在SAINTの開発はWWDSIのSam KlineをリーダーとするSAINT開発チームによって行われている。WWDSIはSAINT関連のプロダクトを中心に持つネットワークセキュリティ会社であるが、SAINTそのものについては独自ライセンスによってソースは公開されており、また無料版が配布されている。

 SAINTはSunOS 4.1.3_U1、SunOS 5.3 - 5.5.1 (Solaris 2.3 - 2.5.1)、IRIX 5.3 - 6.5.8、Linux、FreeBSD 4上で動作することが開発もとのWWDSIで確認されており、また他のバージョンのSunOSやIRIX、AIX、BSD系列OS、HP-UX、System V Release 4、Ultrix、Tru64でも恐らく動作するであろうとされている。

 他にPerlとNetscape(Webブラウザ)が必要であり、またNmapとSambaがインストールされていることが推奨されている。

 執筆時点での最新の無料版はバージョン3.2.3であり、
ftp://ftp.wwdsi.com/pub/saint/

からダウンロードできる。

 Linuxの場合、rpmファイルが用意されているので、
# rpm -Ivh saint-3.2.3-1.i386.rpm

とすればインストールできる。

 ソースから構築する場合は、
/usr/local/src

/usr/local/bin
といった場所にダウンロードしてきたsaint-x.tar.gzをコピーし、
$ gunzip saint-x.tar.gz
$ tar xf saint-x.tar
$ cd saint-x
$ ./configure
$ make
$ su
# make install

とすればよい。


office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://www.wwdsi.com/saint/
[2] http://www.fish.com/satan/

詳しくはScan本誌をご覧下さい。
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×