IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入するウイルス「.ida"Code Red" Worm」について警告(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入するウイルス「.ida"Code Red" Worm」について警告(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 脅威動向

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入し、Webページを改竄したり、サービス運用妨害(DoS) を引き起こす可能性のあるウイルス「.ida "Code Red" Worm」を発見したと警告を発した。このワームによって改竄されたWebページには、赤い文字で「Hacked by Chinese 」等の文字列が表示されるとのこと。同センターでは、ベンダーから無償提供されている修正用プログラムを早急に適用して、この脆弱性を修正することを薦めている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010013.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×