IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入するウイルス「.ida"Code Red" Worm」について警告(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入するウイルス「.ida"Code Red" Worm」について警告(JPCERT/CC)

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入し、Webページを改竄したり、サービス運用妨害(DoS) を引き起こす可能性のあるウイルス「.ida "Code Red" Worm」を発見したと警告を発した。このワームによって改竄

脆弱性と脅威 脅威動向
 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入し、Webページを改竄したり、サービス運用妨害(DoS) を引き起こす可能性のあるウイルス「.ida "Code Red" Worm」を発見したと警告を発した。このワームによって改竄されたWebページには、赤い文字で「Hacked by Chinese 」等の文字列が表示されるとのこと。同センターでは、ベンダーから無償提供されている修正用プログラムを早急に適用して、この脆弱性を修正することを薦めている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010013.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×