IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入するウイルス「.ida"Code Red" Worm」について警告(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入するウイルス「.ida"Code Red" Worm」について警告(JPCERT/CC)

 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入し、Webページを改竄したり、サービス運用妨害(DoS) を引き起こす可能性のあるウイルス「.ida "Code Red" Worm」を発見したと警告を発した。このワームによって改竄

脆弱性と脅威 脅威動向
 コンピュータ緊急対応センター(JPCERT/CC)は、IISサーバの.idaファイルに関する脆弱性を使って侵入し、Webページを改竄したり、サービス運用妨害(DoS) を引き起こす可能性のあるウイルス「.ida "Code Red" Worm」を発見したと警告を発した。このワームによって改竄されたWebページには、赤い文字で「Hacked by Chinese 」等の文字列が表示されるとのこと。同センターでは、ベンダーから無償提供されている修正用プログラムを早急に適用して、この脆弱性を修正することを薦めている。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010013.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×