電子ブックの脆弱性を指摘したロシアのセキュリティ専門家、逮捕される(ElcomSoft 社) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

電子ブックの脆弱性を指摘したロシアのセキュリティ専門家、逮捕される(ElcomSoft 社)

 ロシアのソフトウェア会社ElcomSoft社のセキュリティ専門家Dmitry Sklyarov氏がハッカー・カンファレンスDefconで電子ブックのセキュリティの脆弱性を指摘した後、ホテルで逮捕された。カリフォルニア州に拠点を置くAdobe社が米連邦捜査局(FBI)に、同容疑者が作成し

国際 海外情報
 ロシアのソフトウェア会社ElcomSoft社のセキュリティ専門家Dmitry Sklyarov氏がハッカー・カンファレンスDefconで電子ブックのセキュリティの脆弱性を指摘した後、ホテルで逮捕された。カリフォルニア州に拠点を置くAdobe社が米連邦捜査局(FBI)に、同容疑者が作成したプログラムAdvanced eBook Processor がデジタル・ミレ二アム著作権法に違反していると通報したのが事の発端だ。Advanced eBook Processorは、暗号化PDFファイルの保護機能を無効にするパスワードリカバリー・ソフトで、暗号化PDFファイルを読むこと、そして印刷も可能になる。Sklyarov容疑者は現在、ラスベガスの刑務所に拘留されている。有罪が確定した場合、最高で禁固刑5年、罰金50万ドルが科せられる。

 Adobe社は、Advanced eBook Processorの公開、およびDefconでの“電子ブックのセキュリティ:理論と実際”と題した同容疑者によるプレゼンテーションに意義を唱えていた。先月、同社はAdvanced eBook Processorの公開を受けて、同社のAcrobat eBook Reader をアップデートした。しかし、ElcomSoft社は「それでは、まだ不十分。Adobeの基本的方法論に未だ脆弱な部分がある。Acrobat eBook Reader 2.2 の保護機能は、全く改良されていない。変更されたのはマイナーな個所で、依然として同じ脆弱な暗号技術を使用している」と指摘し、Advanced eBook Processorのアップデート版をリリースして、その主張を裏付けた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×