6月のウイルス届出状況を報告(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

6月のウイルス届出状況を報告(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)から7月5日、6月のコンピュータウイルス届出状況が報告された。  報告によると、6月の届出件数は1335件、先月の1515件よりやや減少している。実害の割合も4ヶ月連続で減少しており、6月は先月より5ポイント減少している。また、この状況を

脆弱性と脅威 脅威動向
 情報処理振興事業協会(IPA)から7月5日、6月のコンピュータウイルス届出状況が報告された。
 報告によると、6月の届出件数は1335件、先月の1515件よりやや減少している。実害の割合も4ヶ月連続で減少しており、6月は先月より5ポイント減少している。また、この状況を受け同協会では「ワクチンソフトの活用などの適切なウイルス対策がとられており、好ましい状況である」とコメントしている。

届出ウイルスの割合

Hybris:33.3%
MTX:23.6%
Laroux:5.6%
Magistr:5.4%

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2001_07outline.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×