依然として不足しているセキュリティ専門家(米国) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

依然として不足しているセキュリティ専門家(米国)

国際 海外情報

 景気が低迷しているにも関わらず、情報セキュリティ業界は依然として人材不足のようだ。情報セキュリティ専門の人材紹介会社L.J. Kushner & Associates 社の最高経営責任者(CEO)Lee Kushner氏は、米国のみで2万5000人から5万人もの情報セキュリティ専門家が不足していると推測する。セキュリティ専門家が不足する要因として、悪質なハッカーの暗躍や不正侵入事件の多発が挙げられた。FBI管轄のコンピュータセキュリティ研究所の調査によると、今年(2001年)の不正侵入事件の件数は、前年比50%増となる見通しだ。また、ボストンのコンサルタント会社Yankee Group社はセキュリティサービス市場に関し、昨年の140万ドルから2005年には17億ドル規模に達すると予測している。

 「セキュリティ専門家探しに要する時間は、求められるスキルレベルにより異なる」とInformation Risk Management社のPaul Raines氏は説明する。彼によると、セキュリティ業界に特化した人材紹介会社を介して上級レベルの専門家を探す場合に要する時間は、最低3ヶ月だ。 低レベルの技術者でも平均1ヶ月かかる。その他の方法は、業界内のネットワークに頼るか、もしくは大学の新卒者をリクルートすることである。特に、Carnegie Mellon大学、Stanford大学、MIT大学などは、優れた情報セキュリティ課程を持っている。また、SANS カンファレンスや RSA セキュリティ・カンファレンスで優秀な専門家をスカウトするのも一つの方法と同氏は提案している。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×