ウイルス作成ツールキットに関し警告(Cryptic Software社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

ウイルス作成ツールキットに関し警告(Cryptic Software社)

国際 海外情報

 セキュリティ会社Cryptic Software社の技術コンサルタントJonathon Mynott氏は、アンチウイルス業界で懸念が高まっているウイルス作成ツールキットGodMessage に関し警告を発し、IT管理者に対してアンチウイルス・ソフトを最新版にするよう呼びかけた。同氏によると、ウイルス・ツールキットGodMessageに対するハッカーの関心は、非常に高いという。同ツールキットは、ハッキングサイトからダウンロードできる。

 悪意あるハッカーはGodMessageを使って、ウェブページにActiveX コードを置く。Internet Explorer のユーザが感染したサイトを訪れると、ユーザのブラウザが圧縮されたプログラムをダウンロードする。そして、そのプログラムはユーザのハードディスクに格納され、起動時に解凍されるのだ。Jonathon Mynott氏は「悪意のないサイトが秘密裏にハッキングされ、そのサイトのページにウイルスが埋め込まれる危険性がある。仮に一人の人物がMSNのホームページにウイルスを埋め込んだとしたら、世界のコンピュータユーザの半分が一夜にして被害を受けるだろう」と警告した。

 アンチウイルス会社 Kaspersky Lab社のDenis Zenkin氏は、GodMessageの脅威を認めつつも「最新版のアンチウイルス・ソフトで防護されたシステムは、感染しない。GodMessage 4は、ユーザのPCに悪質なプログラムを埋め込んで実行を試みるインターネット・ワーム作成ツールだ。現在のところ、そのツールによる被害報告は受けていない」と述べた。また、アンチウイルス会社Sophos社のGraham Cluley氏は「GodMessage は、一部のブラウザの脆弱性を利用している。アンチウイルス・ソフトのアップデートを怠らなければ、問題はないだろう」と語った。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×