今週の改竄状況 マイクロソフト社関連webなど改竄被害 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.22(日)

今週の改竄状況 マイクロソフト社関連webなど改竄被害

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 今週に入ってからの改竄webの一覧を記した。
 ここにあげたもの以外に、sadmind/IIS Worm による被害も引き続き発生している。
 本日、21日には、マイクロソフト社関連webであるふたつのwebが改竄被害を受けた。
 被害を受けたwebには、web改竄事件によく登場するクラッカー"Prime Suspectz"の名前入りのメッセージが残されていた。

"Prime Suspectz onwed microsoft one more time!! mais uma pro saco... "

Microsoft Corp
http://feeds.mobile.msn.com/

Microsoft Corporation
http://redsand.rte.microsoft.com/

財団法人 佐賀県教育文化振興財団
http://www.saga-ecf.or.jp/

アイディーシー株式会社
http://sv01.jv.idcinc.co.jp/

上尾興業株式会社
http://www.ageokogyo.co.jp/

株式会社 アクト・テクニカルサポート
http://www.actts.co.jp/

東京大学
http://www.jss.h.u-tokyo.ac.jp/

スエヒロ興産株式会社
http://www.japan.amron.co.jp/

株式会社チドリ
http://ns.chidori.co.jp/

QUEネット
http://taka4.dd.que.ne.jp/

三菱スペース・ソフトウエア株式会社
http://kyokai.mih.mss.co.jp/

VEE-COMNET
http://www.vee-com.ne.jp/

OPENET
http://www.secure.openet.ne.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

    12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

  2. 「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

    「myTOKYOGAS」へ不正アクセス、ポイントの不正使用も確認(東京ガス)

  3. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

    脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  4. 「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

  5. スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

  6. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  7. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  8. 小学校の養護教諭が児童の個人情報を保存したUSBメモリを紛失(千葉県柏市)

  9. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  10. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×