電子文書の原本性を確保するソフトウェア新バージョンを発売(リコー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

電子文書の原本性を確保するソフトウェア新バージョンを発売(リコー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社リコーは6月4日、電子文書の原本性を確保するソフトウェア「TrustyCabinet」の新バージョン「TrustyCabinet UX V1」を発売すると発表した。
 同製品は電子文書を証明力の高い「原本」として安全に長期間保存、管理する機能を提供するソフトウェア。今回のバージョンでは、サーバOSとしてUNIXに対応、原本の改竄検知処理機能の搭載、原本へのアクセスに対するログ記録機能の搭載、更新が行われると自動的に新しい版が作成され上書きすることなく管理することが可能、電子署名技術などの機能が追加されている。なお、対応UNIXはSolaris7となっている。

http://www.ricoh.co.jp/release/soft/tcabuxv1/index.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×