5月のコンピュータ・ウイルスのトップ10を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

5月のコンピュータ・ウイルスのトップ10を発表(ソフォス)

脆弱性と脅威 脅威動向

 ソフォス株式会社は6月5日、2001年5月のコンピュータ・ウイルスの報告件数をまとめそのトップ10を発表した。
 同報告によると、2001年5月に最も多く報告されたウイルスは「VBS/VBSWG-X」(別名:Homepage)であったとのこと。また、「Hybris」や「Kakworm」等のウイルスも依然としてランクインしている。
 ソフォスでは2001年5月中に新種のウイルス920種、を検出し対応。同社ではウイルス対策ソフトの更新だけではなく、ゲートウェイでのコンテンツフィルタリングが重要であるとコメントしている。

リリース(ソフォスの代理店、シー・エス・イー)
http://www.cseltd.co.jp/security/release/010604topten.htm
Homepageウイルスに関する詳細(ソフォスの代理店、シー・エス・イー)
http://www.cseltd.co.jp/security/sav/virusinfo/analyses/vbsvbswgx.htmソフォス日本法人
http://www.sophos.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×