児童ポルノを探索して通報するワーム、現れる(SARC) | ScanNetSecurity
2022.09.27(火)

児童ポルノを探索して通報するワーム、現れる(SARC)

 つい先頃、Linux OSで動作するサーバのセキュリティホールを塞ぐワームCheeseが確認されたばかりだが、今度はMicrosoft Windowsシステム上にある児童ポルノ画像を探索する電子メールワームが報告された。しかし、広範囲に拡散する危険性は低いと見られている。"Noped"

国際 海外情報
 つい先頃、Linux OSで動作するサーバのセキュリティホールを塞ぐワームCheeseが確認されたばかりだが、今度はMicrosoft Windowsシステム上にある児童ポルノ画像を探索する電子メールワームが報告された。しかし、広範囲に拡散する危険性は低いと見られている。"Noped"(もしくはVBS.Noped.A@mm) と呼ばれるそのワームは暗号化されたVisual Basic Script(VBS)コードで、電子メールの添付ファイルに埋め込まれている。Nopedワームを起動させると、Outlookアドレス帳の全アドレスに自身の複製を送り付け、ファイル名のリストと一致するJPEGファイルを求めて、アクセス可能な全てのハードディスクを探索する。

 Symantec社のAnti-virus Research Center(SARC)によると、Nopedワームには、政府機関の電子メールアドレスのリストが含まれており、適合するJPEGファイル名を見つけると、そのリストから無作為に選ばれた機関に対し通報のメッセージを送り付ける。Nopedワームが埋め込まれた電子メールの件名は、"FWD:違法児童ポルノ撲滅にご協力下さい"とあり、その本文には"すぐに添付されている文書をご覧下さい"と記されている。添付ファイル名は、"END ILLEGAL child porn NOW.TXT............vbs" となっており、ドット列は、ファイル名が"TXT"ではなく、実行可能な".vbs"で終了していることを曖昧にするために使用されている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×