安全な電子決済のためにパスワードを導入(米Visa社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

安全な電子決済のためにパスワードを導入(米Visa社)

国際 海外情報

 米Visa社は、オンラインによるクレジットカード詐欺を阻止するため、カード発行銀行に対し新技術を提供すると発表した。その新システムは主に、Arcot Systems社のTransFort支払い認証ソフトウェアの技術を採用している。

 Aricot社によると、オンラインで買い物をする人がブラウザもしくは無線アプリケーション・プロトコル(WAP)対応の電話などを経由して小売り業者にアクセスし決済を行う場合、同ソフトウェアはポップアップ・ウィンドウを画面に表示し、ユーザにパスワードの入力を要求する。そのパスワード情報はVisaカードを発行した銀行へと送られ、パスワードが認証された後、決済手続きが実行される。その間に要する時間は、わずか数秒という。銀行側は、ユーザのパスワードを含んだデータベースのインストールを要求される。銀行は、銀行自身がアプリケーションをインストールして運用することも可能だし、またVisa社が認可したアプリケーション・サービス・プロバイダにその運用を委ねることも可能だ。小売業者は、各自のチェックアウトのシステムに小さなプラグインの導入が求められる。顧客はオンラインでVisa社にパスワードを登録するか、もしくはクレジットカード発行銀行からパスワードの登録を行うことができる。

 Visa社は「全決済のうちオンライン・ショッピングによる決済の割合は、僅か3%に過ぎないが、2005年までにはその数値を10%にまで引き上げたい」と説明している。そして、「オンライン・ショッピングの低成長は、オンライン決済における信頼性の欠如に起因している。しかし、パスワードのような認証技術を導入することにより、セキュリティに対する信頼性は高まるだろう」と述べた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×