Linuxに感染するワームについて警告(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.28(月)

Linuxに感染するワームについて警告(JPCERT/CC)

脆弱性と脅威 脅威動向

 JPCERT/CCは本年に入り広まりつつある、Linuxに感染するワームについて警告を発した。
 これらのワームはBIND、LPRng、rpc.statd、wu-ftpdのセキュリティホールを利用しており、感染力が強く影響範囲も大きい場合もある。すでにLinuxディストリビュータよりこれらのセキュリティホールに関するパッチや更新されたパッケージが出ているので、それらを利用し早急に対応するよう呼びかけている。
 ワームの利用するセキュリティホールの詳細やワームを発見するツールを公開しているサイトのURLも掲載しており、そこを参照するよう促している。また、上記3種のワームの概要も掲載している。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010004.txt

コンピュータセキュリティインシデントへの対応
http://www.jpcert.or.jp/ed/2000/ed000007.txt
関係サイトとの情報交換
http://www.jpcert.or.jp/ed/2000/ed000006.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×