Linuxに感染するワームについて警告(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

Linuxに感染するワームについて警告(JPCERT/CC)

 JPCERT/CCは本年に入り広まりつつある、Linuxに感染するワームについて警告を発した。  これらのワームはBIND、LPRng、rpc.statd、wu-ftpdのセキュリティホールを利用しており、感染力が強く影響範囲も大きい場合もある。すでにLinuxディストリビュータよりこれらのセ

脆弱性と脅威 脅威動向
 JPCERT/CCは本年に入り広まりつつある、Linuxに感染するワームについて警告を発した。
 これらのワームはBIND、LPRng、rpc.statd、wu-ftpdのセキュリティホールを利用しており、感染力が強く影響範囲も大きい場合もある。すでにLinuxディストリビュータよりこれらのセキュリティホールに関するパッチや更新されたパッケージが出ているので、それらを利用し早急に対応するよう呼びかけている。
 ワームの利用するセキュリティホールの詳細やワームを発見するツールを公開しているサイトのURLも掲載しており、そこを参照するよう促している。また、上記3種のワームの概要も掲載している。

http://www.jpcert.or.jp/at/2001/at010004.txt

コンピュータセキュリティインシデントへの対応
http://www.jpcert.or.jp/ed/2000/ed000007.txt
関係サイトとの情報交換
http://www.jpcert.or.jp/ed/2000/ed000006.txt

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×