3月のウイルス報告のトップ10を発表(ソフォス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

3月のウイルス報告のトップ10を発表(ソフォス)

脆弱性と脅威 脅威動向

 ソフォス株式会社は4月4日、同社に寄せられた3月のウイルス報告のトップ10を発表した。
 その発表によると報告数トップは先月2位であった「apology」。また、「Kakworm」「Hybris」「Navidad」等のいわば常連とも呼べるウイルスも根強くランクインしている。同社の社長は「気をつけることは非常にシンプルであり、最新のセキュリティパッチのインストールと、ウイルス対策ソフトを頻繁に更新するべきである」と述べている。

リリース(英文)
http://www.sophos.com/pressoffice/pressrel/uk/20010402topten.html
ソフォス日本法人
http://www.sophos.co.jp/ (未掲載)

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×