システムクラッシュ、ファイル削除を行う「W32.Magistr.24876@mm」について警告(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

システムクラッシュ、ファイル削除を行う「W32.Magistr.24876@mm」について警告(シマンテック)

脆弱性と脅威 脅威動向

 株式会社シマンテックは4月5日、システムクラッシュ、ファイル削除を行うウイルス「W32.Magistr.24876@mm」について警告を発した。
 同ウイルスはメールおよびネットワークを経由して感染を拡大するウイルス。Windowsのdllファイル以外のPEファイル全てに感染する。主な活動はハードディスクの上書き、CMOSの消去、BIOSのフラッシュなどを行い、システムを不安定にする。その他、Windowsのアドレスブックファイル、Outlook Expressの送信済フォルダのメールアドレスを使用しメールを送信する。その際に2つのファイルを添付、サブジェクトと本文はランダムに作成される。
 また、同ウイルスは一度発症するとその症状が際限なく繰り返され、感染後3ヶ月すると感染したファイルを削除する。同社では3月13日付の定義ファイルにてこのウイルスに対応している。

ウイルス定義ファイルダウンロードサイト
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/defs.download.html
ウイルス詳細
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.magistr.24876%40mm.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×