ICカードを使用した認証やデータ暗号化をWindows環境で可能とするドライバソフトを開発(大日本印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

ICカードを使用した認証やデータ暗号化をWindows環境で可能とするドライバソフトを開発(大日本印刷)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 大日本印刷株式会社は、同社の高機能ICカード「DNP Standard-9」に搭載されている暗号機能をWindows環境で利用可能とするドライバソフトを開発した。これをWindows PCに組み込むことで、公開鍵ペア生成、鍵管理、デジタル署名生成、ハッシング、暗号化/復号などの暗号関連機能を利用することが可能となる。また、同ドライバは、「Netscape Communicator」や他のメールソフトがサポートする「PKCS」に加えて、マイクロソフトが定めた暗号ライブラリ規格である「CryptoAPI」に新たに準拠。このため、同規格をサポートした「Internet Explorer」や「Outlook Express」などで利用可能で、企業イントラネットやエクストラネット、電子メールの利用時にICカードを使用した認証やデータの暗号化が行え、ネットワークセキュリティを強化することができる。Windows95/98/NT/2000対応。3月下旬から販売予定。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2001/20010308.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×