ベリサイン社が誤って発行したデジタル証明書によるなりすましの危険性を警告(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

ベリサイン社が誤って発行したデジタル証明書によるなりすましの危険性を警告(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は、ベリサイン社が1月29、30日に2通のベリサイン・クラス3コード署名デジタル証明書を同社の社員を詐称した個人に発行したことを報告した。2通の証明書に記された共通名は「Microsoft Corporation」ということで、攻撃者がこの名前を使用してコードにデジタル署名する可能性があるため、同社は全ての警告ダイアログに記入されている証明書をチェックすることを強く薦めている。なお、この2日間に発行された同社の正規の証明書は実際には存在しないとのこと。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS01-017
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×