情報通信ネットワーク安全・信頼性基準を改定、サイバーテロ対策のために危機管理計画策定の指針などを追加(総務省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

情報通信ネットワーク安全・信頼性基準を改定、サイバーテロ対策のために危機管理計画策定の指針などを追加(総務省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 総務省は、一般意見募集により提出された意見を考慮して、情報通信ネットワーク安全・信頼性基準(昭和62年郵政省告示第73号)を改定、新たに危機管理計画策定のための指針等の情報セキュリティ対策を追加した。改正内容は、情報セキュリティに関する資格保有者など知識・技能を有する者の配置義務、サイバーテロが発生した場合の緊急対応体制を整備するため、危機管理計画策定の指針の追加など。

http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/sogo_tsusin/010322_3.pdf

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×