ピアツーピア用のオープン・ソース・ライブラリを公開(Intel社) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

ピアツーピア用のオープン・ソース・ライブラリを公開(Intel社)

 Intel社は2月7日、安全なピアツーピア(P-to-P)アプリケーション開発のフレームワークを提供するためオープン・ソース・ライブラリを公開した。それにより、P-to-Pシステムを開発する企業はライブラリの無償ダウンロードが可能になった。Intel社のP-to-P推進者Bob Kn

国際 海外情報
 Intel社は2月7日、安全なピアツーピア(P-to-P)アプリケーション開発のフレームワークを提供するためオープン・ソース・ライブラリを公開した。それにより、P-to-Pシステムを開発する企業はライブラリの無償ダウンロードが可能になった。Intel社のP-to-P推進者Bob Knighten氏は「セキュリティは、P-to-P関連全般が取り組む必要のある主要課題の一つだ。P-to-Pアプリケーションの開発を行っている殆どの会社は、セキュリティを考慮しているが、その手法は各々異なっていた」と述べた。

 Intel社が公開したライブラリ『Peer-to-Peer Trusted Library 』は、ソフトウェア開発者がP-to-Pアプリケーションにセキュリティ機能を追加できるよう設計されている。同ライブラリは、電子署名やピア認証、安全な保管、公開鍵方式の暗号をサポートしている。

 同社によると、『Peer-to-Peer Trusted Library 』は、Open SSL (Secure Sockets Layer) Tool Kitを使用して構築されている。Open SSLは、低レベルの認証サポートを提供する。従って、同ライブラリはOpen SSLの操作性を向上させ、より柔軟な対応が可能になる。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×