ハッカーが世界の要人1400人のクレジットカード情報を盗む(ダボス会議) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

ハッカーが世界の要人1400人のクレジットカード情報を盗む(ダボス会議)

 スイスのSonntagsZeitung紙が報じたところによると、スイスのスキー・リゾート地ダボスで開催された『世界経済フォーラム』(ダボス会議)のコンピュータシステムにハッカーが侵入し、世界の政財界の要人2万7000人の個人情報データが盗まれた。8万ページに及ぶそのデー

国際 海外情報
 スイスのSonntagsZeitung紙が報じたところによると、スイスのスキー・リゾート地ダボスで開催された『世界経済フォーラム』(ダボス会議)のコンピュータシステムにハッカーが侵入し、世界の政財界の要人2万7000人の個人情報データが盗まれた。8万ページに及ぶそのデータはCD-ROMに納められて、同新聞社に送付された。その中には、世界の要人1400人分のクレジットカード番号や、元米国務長官Madeleine Albright氏やThabo Mbeki南アフリカ大統
領、そしてビル・クリントン氏の個人情報も含まれていたという。

 ダボス会議の組織委員会は「報道された内容は大筋で正しいが、盗まれたデータにはクリントン氏の情報は含まれていない」とし、クリントン氏のプライバシー、セキュリティは侵害されていないと反論した。

 同紙は、貧富の格差拡大などを理由に経済のグローバル化に反対する反ダボス会議派の仕業と見ている。スイス当局は現在、プライバシー侵害の容疑でハッカーを起訴するか否か調査中だ。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×