ハッキング・コンテスト、ハッカーの完敗(eWeek誌) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

ハッキング・コンテスト、ハッカーの完敗(eWeek誌)

 eWeek誌の主催で1月15日〜30日にかけて開催されたハッキング・コンテスト“OpenHackIII”は、ハッカーの完敗に終わった。ハッカーの攻撃対象となったのは、Argus Systems Group社(本社、イリノイ州)のセキュリティ製品PitBullだ。同コンテストの参加者は、同製品で保

国際 海外情報
 eWeek誌の主催で1月15日〜30日にかけて開催されたハッキング・コンテスト“OpenHackIII”は、ハッカーの完敗に終わった。ハッカーの攻撃対象となったのは、Argus Systems Group社(本社、イリノイ州)のセキュリティ製品PitBullだ。同コンテストの参加者は、同製品で保護されたウェブサイトの改変など4種類の課題を2週間でクリアしなければならず、最初に課題を全てクリアしたハッカーに賞金5万ドルが贈られる予定だった。eWeek誌によると、10万から20万人のハッカーがコンテストに兆戦し、その攻撃数は525万回に及んだが誰も成功しなかった。

 PitBullはOS自体を保護するため、ハッカーの侵入を事実上阻止することができる。eWeek Labs社のTimothy Dyck氏は「我々はアプリケーションの安全性を信用していない。アプリケーションのセキュリティホールを塞ぐだけでなく、OSにもセキュリティ措置を講じる必要がある」と述べた。Argus社によると、優勝者に贈呈される予定だった5万ドルはPitBullの開発者たちに分配された。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×