ハッカー対策をAkamai社に依頼(マイクロソフト社) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

ハッカー対策をAkamai社に依頼(マイクロソフト社)

 情報筋によると、マイクロソフト社は1月25日、26日両日のサービス使用不能(DoS)攻撃を受けて、同社系列主要サイトのセキュリティを強化するためAkamai Technologies社に4つのバックアップ・ディレクトリの運営を依頼した。

国際 海外情報
 情報筋によると、マイクロソフト社は1月25日、26日両日のサービス使用不能(DoS)攻撃を受けて、同社系列主要サイトのセキュリティを強化するためAkamai Technologies社に4つのバックアップ・ディレクトリの運営を依頼した。

 ハッカーがDoS攻撃でウェブのトラフィックを管理するルータに大量のデータを送りつけ、マイクロソフト社のサイトへのアクセスを阻害したのだ。被害に遭ったサイトのは、同社のホームページ、MSNBC.com、Hotmail.com。
マイクロソフト社は今回の不祥事に関し、1月26日に謝罪している。皮肉なことにそれは、同社のソフトウェアの信頼を回復するために2億ドルの宣伝キャンペーンを打った直後のことだった。

 マイクロソフト社の最高情報責任者(CIO)Rick Devenuti氏は、同社が“十分な自己防御技術”を同社のインフラの一部に導入していなかったことを認め「今回の辛い教訓をいかし、我が社のネットワーク基盤の体系を改善することにした」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×