マイクロソフト社のウェブサイト、ハッカー攻撃を受ける(ニュージーランド) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

マイクロソフト社のウェブサイト、ハッカー攻撃を受ける(ニュージーランド)

 1月22日夜、ニュージーランドのマイクロソフト社のウェブサイトにハッカーが侵入し、同社のセキュリティ不備を嘲笑するメッセージに改変された。同サイトは現時点(1月23日正午)においても、まだ復旧されていない。この攻撃はPrime Suspectzの名を持つハッカーの仕業

国際 海外情報
 1月22日夜、ニュージーランドのマイクロソフト社のウェブサイトにハッカーが侵入し、同社のセキュリティ不備を嘲笑するメッセージに改変された。同サイトは現時点(1月23日正午)においても、まだ復旧されていない。この攻撃はPrime Suspectzの名を持つハッカーの仕業と見られている。

 MIS Corporate Defence社のセキュリティ・コンサルタントPaul Rogers氏は今回の攻撃に関し「犯人はIIS(Internet Information Server)の複数あるセキュリティホールの一つを悪用してNTに侵入し、サイトを書き換えた。今回の場合、ユニコードのセキュリティホールを使ったと見られる」と述べた。

 ハッカーPrime Suspectzはマイクロソフト社への攻撃を終えた直後、www.chryslerjeep.co.ukサイトにも侵入した見られている。同サイトには、セキュリティ不備を嘲笑するマイクロソフト社と同じメッセージが残されていた。Rogers氏は「クライスラーは、リモート管理ツールを使ってSQL Severを介しウェブサイトのアップデートを行っている。この方法は脆弱で、再度ハッカーが侵入する危険性がある」と警告した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×