マイクロソフト社のウェブサイト、ハッカー攻撃を受ける(ニュージーランド) | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

マイクロソフト社のウェブサイト、ハッカー攻撃を受ける(ニュージーランド)

 1月22日夜、ニュージーランドのマイクロソフト社のウェブサイトにハッカーが侵入し、同社のセキュリティ不備を嘲笑するメッセージに改変された。同サイトは現時点(1月23日正午)においても、まだ復旧されていない。この攻撃はPrime Suspectzの名を持つハッカーの仕業

国際 海外情報
 1月22日夜、ニュージーランドのマイクロソフト社のウェブサイトにハッカーが侵入し、同社のセキュリティ不備を嘲笑するメッセージに改変された。同サイトは現時点(1月23日正午)においても、まだ復旧されていない。この攻撃はPrime Suspectzの名を持つハッカーの仕業と見られている。

 MIS Corporate Defence社のセキュリティ・コンサルタントPaul Rogers氏は今回の攻撃に関し「犯人はIIS(Internet Information Server)の複数あるセキュリティホールの一つを悪用してNTに侵入し、サイトを書き換えた。今回の場合、ユニコードのセキュリティホールを使ったと見られる」と述べた。

 ハッカーPrime Suspectzはマイクロソフト社への攻撃を終えた直後、www.chryslerjeep.co.ukサイトにも侵入した見られている。同サイトには、セキュリティ不備を嘲笑するマイクロソフト社と同じメッセージが残されていた。Rogers氏は「クライスラーは、リモート管理ツールを使ってSQL Severを介しウェブサイトのアップデートを行っている。この方法は脆弱で、再度ハッカーが侵入する危険性がある」と警告した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×