Windows Media Playerのスキン機能にセキュリティ・ホール(マイクロソフト社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

Windows Media Playerのスキン機能にセキュリティ・ホール(マイクロソフト社)

国際 海外情報

 マイクロソフト社のWindows Media Player 7のスキン機能に危険度の高いセキュリティ・ホールが発見された。スキンとは、デスクトップ・アプリケーションの外観を変更してカスタマイズする機能だ。そのセキュリティ・ホールを発見したのは、バグ・ハンターの異名をとるGeorgi Guninski氏。同氏によると、ハッカーがそのセキュリティ・ホールを悪用してローカル・ファイルにアクセスしディレクトリを閲覧することができる。結果、ハッカーは任意のプログラムの実行が可能になるのだ。ここで重要なのは、Javaアプレットがダウンロードされる場所にMedia Playerのスキンも置かれている点だ。Windows Media PlayerとInternet Exploreは広く普及されているアプリケーションであることから、セキュリティ専門家はこの脆弱性のパッチが発行されたなら直ちにアップデートすることを勧告している。

 他方、マイクロソフト社はこの脆弱性に関し、ユーザ自身で防御策を講じることができると述べた。その手法とは、Internet Exploreのセキュリティ・ゾーンであるインターネット・オプションを署名されていない全てのJavaコンテンツが実行不能になるよう設定することだ。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×