ウイルス・トップ10、KakwormがLoveウイルスを抜いて1位(Sophos社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

ウイルス・トップ10、KakwormがLoveウイルスを抜いて1位(Sophos社)

国際 海外情報

 アンチウイルス・ソフト開発会社Sophos社が2000年度版ウイルス・チャートを発表した。それによると、悪名高きLoveウイルスはKakwormに次いで2位という結果になった。同社は、電話などで顧客から同社のサポート・スタッフに寄せられたウイルス届出件数を集計しチャートを作成した。同社はKakwormがLoveウイルスを抜いた一因に発生時期があると説明する。Loveウイルスが今年(2000年)の5月に発生したのに対し、Kakwormの最初の通報は1月で徐々に感染範囲を広げていった。ウイルス・チャートのトップ10に上げられたウイルスは今年、同社の救済デスクに寄せられた全ての電話の17%を占めた。

 同社の上級技術コンサルタントGraham Cluley氏は「マイクロソフト社は既に、Kakwormで悪用される恐れのあるセキュリティー・ホールに対しパッチを発行した。そしてセキュリティ会社がKakwormの危険性を繰り返し警告しているにも関わらず、未だパッチのダウンロードを怠っているユーザが多数いる」と指摘。また、同チャートによると、自然の状態で流布しているスクリプト・ウイルスは6%のみだったが、全てのウイルス感染の3分の1以上を占めていた。注目すべき点としては、今年の11月に発生したNavidadが短期間で猛威を振るい7位にランクされている。

 トップ10の詳細は以下の通りだ。
1位Trailing Kakworm(17%)、2位Love Letter(14.5%)、3位Apology(8.
9%)、4位Maker(6.5%)、5位Pretty(5.6%)、6位Stage-A(3.5%)、7位
Navidad(3.4%)、8位Ska-Happy92(2.3%)、9位Thus(2.1%)、10位Jini(2.0%)

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×