XMLベースの暗号化スキームを発表(Microsoft社) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

XMLベースの暗号化スキームを発表(Microsoft社)

 Microsoft社、VeriSign社、webMethods社は12月13日、XMLアプリケーションを使って公開鍵インフラ(PKI)とデジタル認証の統合を簡略化する仕様を発表した。上記の3社は共にXMLの仕様“XML Key Management Specification”(XKMS)と称する仕様を発表し、オープンなイン

国際 海外情報
 Microsoft社、VeriSign社、webMethods社は12月13日、XMLアプリケーションを使って公開鍵インフラ(PKI)とデジタル認証の統合を簡略化する仕様を発表した。上記の3社は共にXMLの仕様“XML Key Management Specification”(XKMS)と称する仕様を発表し、オープンなインターネット標準としてWeb標準化団体に提供する予定だ。

 XKMSは、ソフトウェア開発業者がウェブベースのアプリケーションにおいて認証手続きおよびステータス照合の取消しのようなオンライン認証、デジタル署名、暗号化サービスなどを統合するため設計された。またXKMSを使用することで、ソフトウェア開発業者はPKIソフトウェア・ベンダーの著作権を有するソフトウェア・ツールを購入して使用する必要がなくなる。そのスペックはサーバ上の信頼性のあるファンクションで稼動し、プログラムされたXMLトランザクションを介して利用可能となる。またXKMSはWeb Service Description LanguageとSimple Object Access Protocolの標準に対応している。
 Microsoft社は、B2B(企業間取引)およびB2C(企業-消費者間取引)の両方の環境に対応しているMicrosoft.NetアーキテクチャにXKMSに組み込むことを発表した。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×