1ヶ月で2000回の攻撃を受ける(米国防総省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.21(土)

1ヶ月で2000回の攻撃を受ける(米国防総省)

国際 海外情報

 米国防総省の最高情報責任者(CIO)Arthur Money氏は、同省のネットワークがハッカーたちの格好な標的になっていることを明らかにした。それによると、1999年1年間の攻撃件数は2万2000回だったのに対し、2000年1月〜7月までに発生した攻撃件数は1万4000回に達したという。攻撃の種類は徘徊、スキャン、ウイルス散布など多岐にわたっている。攻撃によりサービスが一時停止したのは全体の3%ほどで、大部分は取るに足らない悪戯程度のものだった。

 同省のネットワークのセキュリティを脆弱だと危惧する声もあるが、同氏は米国のマスコミに対し機密指定されているコンピュータ・システムに脆弱性は認められないと明言した。

 2000年12月までの同省ネットワークへの攻撃件数は前年同期の10%増だが、攻撃により実質的な被害を被った割合はほぼ同じだった。

 攻撃のほとんどは、既存のソフトウェアの脆弱性を悪用したものだ。それらの脆弱性の多くは故意につくられたものではない。しかし、脆弱性の一部にはプログラマーにより意図的に設計された“trapdoors(侵入者を検知するためのプログラム)”や、またシステム管理者がアクセス権を持つために設計された“back doors”がある。そのような脆弱性を悪用した侵入経路は十代のハッカーなどにより発見されてきた。

 英国防省は、同省のネットワークが受けたコンピュータ攻撃件数に関し詳細を明らかにしていないが、同省の広報担当者は過去に、攻撃によりセキュリティ侵害が発生した事実を認めており「攻撃は現在も受けており、我々はその事態を深刻に受け止めている。しかしハッカーの一歩先を行くためにも、攻撃件数を公表し討議するつもりはない」と付け加えた。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×