Windows NTを使用しているオンライン小売業者に警告(米連邦捜査局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Windows NTを使用しているオンライン小売業者に警告(米連邦捜査局)

国際 海外情報

 米連邦捜査局(FBI)はFBIの管轄下にある全米社会基盤防衛センター(NIPC)のサイトで、オンライン小売業者に対しハッカー攻撃への警戒を呼びかけた。NIPCによると、最近電子商取引を行っている米国サイトを狙ったハッカー攻撃が急増しているという。攻撃対象は主に、Windows NTを使用しているサイトだ。

 ハッカーは少なくともシステムが持つ既知の3つの脆弱性を利用し、アクセス権限および機密情報を得ようとする。それらの脆弱性は新しいものではないが、最近のハッカー攻撃による被害報告を検証するとアップデートを怠っているサイトが多数あることが判明し、システム管理者の尚いっそうの注意が求められている。

 通常、ハッカー攻撃は数ヶ月間続いた後、発覚する。NIPCは全てのネットワーク・システム管理者に対し、システムをチェックし適切なパッチをあてるよう助言しており、特に電子商取引および金融業関連サイトのシステム管理者は十分に注意するよう勧告している。



《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×