Carnivoreに関する文書をさらに公開(米連邦捜査局) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

Carnivoreに関する文書をさらに公開(米連邦捜査局)

 米連邦捜査局(FBI)は11月16日、物議を醸している電子メール監視システムCarnivore技術に関する機密文書の一部を公開した。2回目となる今回の公開は、裁判所命令により前回の公開から45日後に行われた。公開されたのは362ページからなる文書だ。その中身はFBIの電子

国際 海外情報
 米連邦捜査局(FBI)は11月16日、物議を醸している電子メール監視システムCarnivore技術に関する機密文書の一部を公開した。2回目となる今回の公開は、裁判所命令により前回の公開から45日後に行われた。公開されたのは362ページからなる文書だ。その中身はFBIの電子メール監視システムが必要以上のデータを傍受する可能性が示されており、多数の消費者団体およびプライバシー擁護団体の懸念はさらに強まっている。電子プライバシー情報センター(EPIC)の顧問弁護士David Sobel氏は「今回公開された内容は、FBIが以前説明した“Carnivoreはフィルターにかけられた情報のみ収集する”という方針に背くものだ」と述べた。 FBIはこれまで消費者団体やプライバシー擁護団体に対し「Carnivoreは裁判所命令で特定されたメッセージのみを収集す
る」と明言しており、またCarnivoreに関する議会の聴聞会でも「データ収集を最小限に留めるため、フィルタリングされた情報のみを収集する」と証言していた。

 しかし今回公開された文書によると、Carnivoreは全ての通信をハードドライブ上に保存できるという。Sobel氏は「FBI監視システムCarnivoreを承認するということは、捜査とは無関係なデータまで収集される恐れがある」と述べた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×