Carnivoreに関する文書をさらに公開(米連邦捜査局) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

Carnivoreに関する文書をさらに公開(米連邦捜査局)

国際 海外情報

 米連邦捜査局(FBI)は11月16日、物議を醸している電子メール監視システムCarnivore技術に関する機密文書の一部を公開した。2回目となる今回の公開は、裁判所命令により前回の公開から45日後に行われた。公開されたのは362ページからなる文書だ。その中身はFBIの電子メール監視システムが必要以上のデータを傍受する可能性が示されており、多数の消費者団体およびプライバシー擁護団体の懸念はさらに強まっている。電子プライバシー情報センター(EPIC)の顧問弁護士David Sobel氏は「今回公開された内容は、FBIが以前説明した“Carnivoreはフィルターにかけられた情報のみ収集する”という方針に背くものだ」と述べた。 FBIはこれまで消費者団体やプライバシー擁護団体に対し「Carnivoreは裁判所命令で特定されたメッセージのみを収集す
る」と明言しており、またCarnivoreに関する議会の聴聞会でも「データ収集を最小限に留めるため、フィルタリングされた情報のみを収集する」と証言していた。

 しかし今回公開された文書によると、Carnivoreは全ての通信をハードドライブ上に保存できるという。Sobel氏は「FBI監視システムCarnivoreを承認するということは、捜査とは無関係なデータまで収集される恐れがある」と述べた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×