【定点監視】(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.19(火)

【定点監視】(執筆:office)

特集 特集

 先日警察庁に対して行われた電子メール傍受についてのヒアリングが行われた[1]。このレポートによれば「すでに電子メールの盗聴は行われている」とのことだ。一方、FBIの電子メール傍受プログラム「カーニボー」についてもその仕様の一部が明らかになってレポートされている[2]。こうしてインターネット上の通信は現実にますます監視されていく。またこれら公的機関だけでなく、企業による社員のネットワーク上での動向監視も日々厳しくなる傾向だ。

 これらの監視の是非についてはさておき、ネットワーク経路上での情や、監視対象のユーザのマシンなどの記録にある、メールアドレス、URL、IPアドレスといった情報が必ずしもユニーク(唯一無二)な、何かを特定しうるものにはならないことについて今回は述べる。

[メールアドレス]

 警察庁やFBIのメールの監視のやり方は、メール受信者のメールボックスがあるメールサーバ近くに監視システムを置くタイプのようだ。このような監視の手続きを想像してみる。まず監視対象のメールアドレスを決定する。次にこのアドレスで受信するためのメールボックスのあるサーバを割り出す。そうしてそのサーバ近くのトラフィックについて監視システムを置くのが通常であろう。しかし、この手順でメールアドレスを頼りに監視システムを設置しても、監視したい肝心のメールは全く別のところで受信されていて、監視の目を潜り抜けられてしまうことがあり得る。

 受信者はメールの送り先の説明として、自分のメールアドレスだけでなく、送信者が使うための特別のsmtpサーバを指定しているかもしれない。受信者が指定したメールアドレス、<受信者>@bekkoame.or.jpはそのsmtpサーバ上では<受信者>@so-net.or.jpと解釈し直すようにしておく。こうしてbekkoame.or.jpのアドレスへのメールが実際にはso-net.or.jpに向けて送られる。この場合監視システムをbekkoame.or.jpの周りに仕掛けても肝心のメールは流れてこない。そして受信者は監視の目の届かない、so-net.or.jpのメールサーバに届いたメールを密かに受信してしまう。

 あるいはまた、smtpサーバが参照するDNSのために、受信者が用意したDNSサーバが用意されているかも知れない。smtpサーバは<受信者>@bekkokame.or.jpという配送先がどこのIPなのかDNSに尋ねて調べるが、その用意された特別のDNSサーバは<受信者>@bekkoame.or.jpの配送先として、インターネット上でのルールで決められた本当のIPとは異なるIPを回答することができる。この場合も監視システムを実際のbekkoame.or.jpサーバの周りにいくらしかけても、対象のメールは別のIPを持つサーバに届けられてしまって監視することができない。

office
academic office
http://www.office.ac/

[1] http://www1.jca.apc.org/aml/200011/19807.html
[2] http://japan.cnet.com/News/2000/Item/001118-1.html?mn

(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/scan/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

    [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  8. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第12回「社長面談」

  10. [数字でわかるサイバーセキュリティ] FormBook、圧縮ファイル添付攻撃で日本も上位10位内の標的国に

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×