2種類のコピー防止技術、破られる(SDMI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

2種類のコピー防止技術、破られる(SDMI)

 マレーシア国家予算演説をオンラインで提供した大蔵省のウェブサイトがウイルスに感染していたことが明らかになった。そのウイルスに感染すると、マイクロソフトWord文書が上書きされ、マハティール首相を中傷するメッセージが表示される。マレーシアのウイルス専門家

国際 海外情報
 マレーシア国家予算演説をオンラインで提供した大蔵省のウェブサイトがウイルスに感染していたことが明らかになった。そのウイルスに感染すると、マイクロソフトWord文書が上書きされ、マハティール首相を中傷するメッセージが表示される。マレーシアのウイルス専門家Looi Hoong氏は、同サイトのWord文書は国内で発生したと思われるHampehsウイルスに感染していたと述べた。「おそらくマレーシア国内で作成されたマクロ型ウイルスだろう。このウイルスは、マイクロソフトのWordファイルを上書きし、Word文書にマハティール首相を中傷するメッセージを書き加える」と同氏。

 感染したWord文書は11月3日、議会でZainuddin大蔵大臣が行う演説を同時にオンラインで提供するために投稿された。また、その演説の趣旨は皮肉にもマレーシア国民のPC能力の向上を目指すものだった。感染した文書は英語バージョンの実行可能ファイルtxtbud2001.exeの中に含まれている3つのWordファイルだ。

 Word文書の中のコードはユーザをhampehs.cjb.netサイトに導き、そのサイトにはウイルスの作成者である“Mr DingDang”が“現政府に不満を持っており首相を侮辱するため、1999年10月Visual Basic言語を学んでいる時に
Hampehsウイルスを作成した。作成に要した日数は1週間ほどだった”という内容のコメントが口語体のマレー語で書かれていた。

 現在のところ、感染ファイルをダウンロードしたユーザ数および感染経路は明らかになっていない。


 
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×