米大統領選挙戦で両党のサイト、攻撃される | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

米大統領選挙戦で両党のサイト、攻撃される

 11月6日の深夜、共和党全国委員会(RNC)と民主党全国委員会(DNC)双方のウェブサイトが攻撃された。米国市民が大統領選挙の投票に行く数時間前のことである。ハッカーはRNCのウェブサイトを大統領候補であるGeorge W Bushテキサス州知事を痛烈に批判するメッセージに

国際 海外情報
 11月6日の深夜、共和党全国委員会(RNC)と民主党全国委員会(DNC)双方のウェブサイトが攻撃された。米国市民が大統領選挙の投票に行く数時間前のことである。ハッカーはRNCのウェブサイトを大統領候補であるGeorge W Bushテキサス州知事を痛烈に批判するメッセージに書き換え、Al Gore副大統領の選挙戦サイトに繋がるリンクを貼った。共和党員はこの攻撃を政敵である民主党の仕業と見なし、選挙運動の妨害を目的とした不正工作と糾弾した。しかし、当の民主党サイトもハッカーの攻撃に遭った。DNC職員はハッカーが民主党サイトを標的にして膨大な電子メールを送りつけたため、機能停止に陥ったことを明らかにした。両サイトとも米国市民が投票所へ行く11月7日の午後には復旧した。

 Information Risk Management社のオンライン・セキュリティ専門家Richard Stagg氏は今回の事件に関し「どのような時でも攻撃を阻止し、ウェブサイトの安全性を確保することは可能だ。両党は攻撃されることを予測できた筈だ。重要サイトの安全性を確保できなかったサイト管理者は“職務怠慢”である」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×