米大統領選挙戦で両党のサイト、攻撃される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

米大統領選挙戦で両党のサイト、攻撃される

 11月6日の深夜、共和党全国委員会(RNC)と民主党全国委員会(DNC)双方のウェブサイトが攻撃された。米国市民が大統領選挙の投票に行く数時間前のことである。ハッカーはRNCのウェブサイトを大統領候補であるGeorge W Bushテキサス州知事を痛烈に批判するメッセージに

国際 海外情報
 11月6日の深夜、共和党全国委員会(RNC)と民主党全国委員会(DNC)双方のウェブサイトが攻撃された。米国市民が大統領選挙の投票に行く数時間前のことである。ハッカーはRNCのウェブサイトを大統領候補であるGeorge W Bushテキサス州知事を痛烈に批判するメッセージに書き換え、Al Gore副大統領の選挙戦サイトに繋がるリンクを貼った。共和党員はこの攻撃を政敵である民主党の仕業と見なし、選挙運動の妨害を目的とした不正工作と糾弾した。しかし、当の民主党サイトもハッカーの攻撃に遭った。DNC職員はハッカーが民主党サイトを標的にして膨大な電子メールを送りつけたため、機能停止に陥ったことを明らかにした。両サイトとも米国市民が投票所へ行く11月7日の午後には復旧した。

 Information Risk Management社のオンライン・セキュリティ専門家Richard Stagg氏は今回の事件に関し「どのような時でも攻撃を阻止し、ウェブサイトの安全性を確保することは可能だ。両党は攻撃されることを予測できた筈だ。重要サイトの安全性を確保できなかったサイト管理者は“職務怠慢”である」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×